お笑い ファッション いい女
いい女もてる方法
Google

化粧プログラム

30分化粧プログラム 【ほしのあき 沢尻エリカ:いい女のお笑いファッション感覚】

 120分化粧プログラムを実践している彼女はもう一つの化粧プログラムを持っています。120分プログラムは月に一度の化粧プログラムですが,普段のウィークデイは30分化粧プログラムを作っています。その中でも5分,15分,20分コースがあるというのです。つまり120分プログラムをベースにして,日頃でも時間対応のできる30ふん化粧プログラムを作ります。そこから,念のため 手抜きで5分,15分,20分コースを作っておくようです。つまりブラッシングは本当は大事なんですが,基本的には300回しなければならないものを朝寝寝坊したときなどは,時間に合わせて減らしても,夜か次の日にカバーできると割り切って10回で済ます。口紅も焦っているときは うまく つかないから薄めのものにするとかリップに切り替えるとか何とかごまかすというのです。その為に,短時間コースを紙に書いておき,化粧品のボックスを別にしておくらしいです。そう聞いても,毎日出会っている私には,いつ手抜きしたのかわからないほどです。つまり日頃の備えがあれば憂いなしということでしょう。
 但し肌だけは手抜きできないらしい。なぜなら,一度荒れた肌は,元に戻すには時間がかかるというのです。だから,短時間コースのボックスに入れた化粧品は 特にお肌につけるものは 比較的 刺激の少ないものを選んでおくというのです。

化粧プログラム

120分化粧プログラム 【ほしのあき 沢尻エリカ:いい女のお笑いファッション感覚】

 私のごく親しい人でキャリアウーマンと呼ばれている人が心掛けていることを紹介します。
 毎日の生活で家族の世話や家事,育児とある中でお化粧はどうしても後まわしになりがちです。キャリアの道を決意したときに どうしても 他の人と差別化するために まず 身だしなみ・お化粧は人に負けないようにしたいという気持ちがありました。キャリアウーマンとはいえ,当時は男社会,その中で女でもできることを主張するためには仕事の上での実力以外に女としての身だしなみを整えることが第一だと考えました。最近,キャリアウーマンが増えていく中で,他の女性との差別化を図るために 益々 その必要性がでてきたといっています。(つまり,女の敵は女だということです)
 そこで月に一度,最終日曜日は2時間は鏡の前に座ります。そして,普段とは違うお化粧を試してのです。化粧品を変えたり眉をそったり髪型を変えてみたり,勇気をもって思い切り違った雰囲気作りをするのです。で,それで成功したら次の月にそれで決めて,出勤するのです。
 そうすると自分も気分転換になるし,周囲の目が違ってくるというのです。これを120分プログラムといいます。但しこれをするために,日頃から化粧品のサンプル品を集めたり,化粧方法などの情報をこまめに収集しなければなりません。忙しい彼女は普段は断片的な化粧品の情報収集をしておき,この120分プログラムで一気に試すというのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。